Skip to main content

MUSIC FOR MYANMAR (ミュージックフォーミャンマー)2019 - 魅惑の夜 - チャトリウム ホテル ロイヤル レイク ヤンゴン(Chatrium Hotel Royal Lake Yangon)の崇高な魅惑的な音楽、食事、エンターテイメントの夕べ

2019年10月4日(金)、リンク・フォー・エイド(Link for Aid)は、チャトリウムホテルロイヤルレイクヤンゴンと共同で、ミャンマーの恵まれない、耳の聞こえない、孤児の子供たちのために募金活動を行う「Music for Myanmar 2019(ミュージックフォーミャンマー) - 魅惑の夜」を堂々と開催します。  このきらびやかなイベントの主役は、高い評価を得ているアイルランドの歌手デュオ、サイモン・モーガンとデビッド・シャノンです。

サイモン・モーガンとデビッド・シャノンは、コンテンポラリー、アイリッシュ、オペラ、ミュージカルシアター、ロマンティックなどの独自のスタイルをヤンゴンに持ち込み、ワインとビールを飲みながらエレガントなディナー、豪華なリバークルーズや宿泊施設、食事、その他の素晴らしい賞品の抽選会などを開催します。

非営利団体リンク・フォー・エイドの創設者であるパメラ・マコート・フランチェスコーン氏は、「今回で6回目となる「ミュージック・フォー・ミャンマー」のチャリティーコンサートは、何百人もの恵まれない子供たちの生活に意義ある変化をもたらすプロジェクトを支援し、彼らの家族や地域社会にも良い影響を与えることができます。」と述べています。私たちは、ヤンゴンのメアリー・チャップマン聾学校、南ダゴン郷のNAC-NLDエイズセンター、ヤンゴンとタウンギのニューヒューマニティ・ミャンマー、シュエ・ピイ・ターのナワラット僧院学校を支援する予定です。”

チャトウアム ホテル ロイヤル レイク ヤンゴンの総支配人、メイ・ミヤット・モン・ウィン氏は、支援を選択した理由を次のように説明しています。「私たちは、ミャンマー全土の弱者や恵まれない子供たちの社会的福祉と教育を向上させるプロジェクトを継続的に支援しています。私たちは、すべての子どもたちの可能性を信じており、私たちの貢献と支援により、子どもたちの夢を現実のものにすることができると信じています。」

このイベントは、アイルランド大使館とイタリア大使館のご厚意により、ジョン・ルイン(スター・イベント・プロダクション)がプロデュースし、以下の寛大なスポンサーの支援を受けています。プラチナスポンサーとしてGawキャピタル、ゴールドスポンサーとしてアルペン、Margaグループ、ミャンマーラガービール、ミャンマーPyi San Htar ピサンタール)、ナショナルタワーマネジメント、シルバースポンサーとしてAsian Trails(アジアントレイル)、Cellar Door(セラードア)、Heritage Line(ヘリテージライン)、Jaguar Land Rover(ジャガーランドローバー)、Premium Distribution(プレミアムディストリビューション)、ブロンズスポンサーとしてExoトラベルl、Sitharコーヒー、メディアパートナーであるMNTVとMyanmore(ミャンモアー)からの素晴らしい報道を受けています。ミュージック・フォー・ミャンマーは、ミャンマー・アイリッシュ・ソサエティの支援を受けていることを誇りに思います。

ミュージックフォーミャンマー 2019: 魅惑の夜のチケットは65米ドルで販売されています。  チケットは、www.facebook.com/musicformyanmar でオンラインで購入するか、電話(01 544 500)またはメール(musicformyanmar@gmail.com)で購入することができます。

サイモン・モーガンは、オペラや伝統的なアイルランド音楽から、ビッグバンドのパフォーマンスや国際的なヒット曲まで、様々なスタイルでアイルランドを代表するトップシンガーの1人です。音楽大使としてアイルランドのメアリー・マクリース大統領と一緒に旅をしたり、北京の人民大広間で行われた中国人以外のグループによる史上初の公演でリバーダンスと一緒に歌ったこともあります。彼はオペラの主要な役を歌うだけでなく、ソングライター、編曲家としても活躍しており、多くの合唱団、芸術団体、オーケストラ、世界的に有名なテノール、プラシド・ドミンゴのために曲を書いてきました。  サイモンは、その独特の歌唱力を世界中に広めてきましたが、今回のヤンゴン公演では、妻であるアイルランド人シンガー、女優、ソングライターのリサ・ランベと共に、「Music for Myanmar (ミュージックフォーミャンマー)2017」でミャンマーデビューを果たしました。.

デヴィッド・シャノンは21歳の時に「レ・ミゼラブル」のツアー公演でプロとして歌い始め、その後もミュージカルやコンサートに出演しています。オペラ座の怪人」のファントム役や、ロンドンのウエストエンドでの「レ・ミゼラブル」のジャン・バルジャン役など、世界で最も愛されているミュージカルに数多く出演しています。今年9月には、ロンドンのフェニックス・シアターでのミュージカル「Come from Away(カムフロムアウェイ)」の長期ソールドアウト公演を終えました。デヴィッドが初めてスクリーンに登場したのは、スティーブン・フリアーズ監督によるロディ・ドイルのコメディ『The Snapper(スナッパー)』で、批評家の間で高い評価を得ています。最近のプロジェクトには、BBCコンサートオーケストラ、ハレ管弦楽団、RTE交響楽団、西オーストラリア交響楽団、マレーシア交響楽団、ヨーテボリ歌劇場管弦楽団などとの共演があります。

このアイルランドの国際的なシンガーデュオは、母国アイルランドだけでなく、アメリカからアジア、ヨーロッパからオーストラリアまで、世界のトップオーケストラと共演してきました。彼らの音楽は、現代のアイルランドを感じさせるクラシックのクロスオーバーであり、2人のパワフルな歌声がシームレスに融合し、観客を魅了するクオリティーを生み出しています。

美しく哀愁漂う曲「Message(メッセージ)」で知られるゲストスターのジュエルは、ミャンマーでも非常に多くのファンを持つ。パワフルな歌声で、オーケストラ曲を歌うことが大好きで、アジア各地で公演を行っています。

上に戻る