Skip to main content

ニセコを体験

チャトリウムニセコ(Chatrium Niseko Japan)では、地元の気分をせひ味わってください!村の中心部にあり、新緑の季節か真冬化にかかわらず、常に新しいことが起こっています。12月から4月にかけてのパウダースノーが有名であり、すべての人が冬の遊び場をお楽みいただけるようにするのはもちろん、夏の緑の季節も同様に美しく刺激的で、多くのアウトドアアクティビティを体験できます。

チャトリウムシャトルバスが12月から4月までゲスト全員にご利用いただけます

ウインタースポーツ スクール

当ホテルとパートナーシップを結んでおりますニセコブラック及びNBSがニセコの大自然にご案内し、丁寧に指導いたします。
レッスンはご予約することをお勧めいたします。

さらに読む

キッズクラブ

キッズランドアンヌプリは、ニセコアンヌプリ国際スキー場にございまして、無料にてスノーエスカレーターで遊ぶことができます。ソリやチューブで遊ぶことができますよー!

さらに読む

スキー・スノーボード用品レンタル

Rhythm Japan(リズムジャパン)は、ニセコの創生期から営業を続けるレンタルショップであり、当ホテルとしてはRhythm Japanと戦略的パートナーシップを締結していることを光栄に思っております。ウィンターシーズンになると、館内にあるRhythm Japanのサービスカウンターにて、お客様のスキー・スノーボードギアのレンタルサービスを行っております。特別なギア以外は事前予約の必要がございませんので、ホテルに到着してからサービスカウンターにお立ち寄りください。

さらに読む

スノーモービル

スキーやスノーボードをしない日には、ホワイトアイルニセコのスノーモービル体験がおすすめです。スノーモービルのスリル感や、ニセコならではの雪と景色を満喫できます。スノーモービルガイドツアーでは、経験豊富なガイドインストラクターが中心となり、皆様を親切丁寧に指導しながら先導いたします。

さらに読む

スノーバイク

スノーバイクという、これまでとは違った冬の楽しみ方があります!モトクロスやエンデューロ、アドベンチャーライディングがお好きな方にはおすすめのアクティビティーです。ハイスペックなバイクに乗って、経験豊富なスタッフと一緒に楽しむスノーバイクツアーをぜひ体験してみてください。特に人気があるのは、一日かけてパウダースノーを楽しめるバックカントリーツアーです。

さらに読む

スノーシュー

ニセコでのスノーシュー体験は、大自然の中をリフレッシュしながらゆっくりと味わえる絶好のアクティビティーです。NACニセコアドベンチャーセンターが提供するニセコスノーシューツアーに参加して、驚きと感動の体験を味わってみませんか?もちろんスノーシューのレンタルだけも出来ますので、プライベートで雪原を楽しんでみたい方にはこちらがおすすめです。

さらに読む

サイクリング

舗装されていないオフロードや静かな田舎道、もしくはニセコのカフェ巡りをしたい方には、自転車でのサイクリングがおすすめです。リズムジャパンのサイクリングツアーに参加して、ニセコの夏を思い切り楽しんでください。ロードバイクの経験者は、6月に開催されるニセコクラシックの85kmロードレースや150kmロードレースにぜひご参加ください。なお初心者・中級者には、ニセコ羊蹄ファンライドがおすすめです。

さらに読む

ハイキング

ニセコはハイキングに適した山々が多く、初心者から上級者まで楽しめるコースがあります。特に上級者には羊蹄山登山がおすすめ。山頂から眺める壮大な景色と、息を吞むほど美しい大自然をお楽しみください。ローカルガイドと共に山を散策しながらハイキングを楽しみ、終わりには温泉で体を癒し、思い切りリラックスしてみてはいかがでしょうか。

さらに読む

NACニセコアドベンチャーセンター

NACニセコアドベンチャーセンターは、チャトリウムニセコ(Chatrium Niseko Japan)からわずか300mの距離にあります。屋内のクライミングウォールやキッズガーデンのほか、近隣にあるNACアドベンチャーパークも要チェックです。NACは北海道で最初にアドベンチャーツアーを始めた会社であり、現在では日本を代表するアウトドアスポーツ、インドアスポーツの企画・運営会社となっています。

さらに読む

ラフティング

ラフティングは、ニセコエリアで最も有名なアクティビティーのひとつ。春は大量の雪解け水で増水した川をボートで下り降りるので、スリル満点です。経験豊富なガイドが、ラフティングの楽しみ方をお教えするのでご安心ください。

さらに読む

スタンドアップパドル(SUP)

子供から大人まで、男女問わず誰でも楽しめるウォータースポーツです。1950年代にハワイで発祥したSUP(サップ)は、現在では世界中で人気のアクティビティーとなっています。SUPのボードは安定感、操作感ともに抜群で、初心者でも簡単に乗りこなすことができます。ニセコに来たら、清流として有名な尻別川でSUPを楽しみましょう!

さらに読む

HANAZONO GOLF

HANAZONO GOLFは、当ホテルから車で約15 分の距離にあります。羊蹄山やニセコ連峰に囲まれ、かつ豊富な湧き水を利用したコースとして有名で、全18ホール(パー72)のゴルフコースです。ラウンドが終わったら、近隣の温泉もあわせてお楽しみください。

さらに読む

ニセコゴルフコース

アメリカ人の名プレーヤーであるアーノルド・パーマーによって設計されたニセコゴルフコースは、北海道内にあるゴルフ場の中でも難易度の高いコースとして有名です。パー72、6,805ヤードの18ホールは、ニセコ市街地から車で約20分の距離にあります。名物ホールは、羊蹄山に向かってのティーショットが爽快な5番ホール。グリーン右手前に池、左にガードバンカーの美しい難ホールです。

さらに読む

ニセコビレッジゴルフコース

ニセコビレッジゴルフコースは、きれいに手入れされた長いフェアウェイと深いバンカーが特徴的であり、北海道内でもトップクラスのゴルフコースといわれています。こちらのゴルフコースは、パー73、全長6,845ヤードで初心者から上級者まで楽しめます。

さらに読む

サツドラ

サツドラニセコひらふ店は、ひらふ坂沿いのHIRAFU188の1階にございます。旅行中に必要なものは、概ねこちらのお店で調達可能です。店内には医薬品だけではなく、お菓子、野菜、果物、冷凍食品、赤ちゃん用品、日本製の化粧品、海外から輸入されたチーズ、ワイン、アルコール類なども揃っています。

さらに読む

コンビニエンスストア

ホテルから200m以内(徒歩圏内)に、セイコマートとローソンがございます。新鮮な野菜や果物、乳製品、お菓子、食料品、ワインやビールといったアルコール飲料を数多く取り揃えております。冬季には90%以上の利用者が外国人となり、レジの前に長蛇の列ができることで有名です。当ほてるからのおすすめは、セイコーマートの「ホットシェフ」で作られたフライドチキンです!

さらに読む

KUTCHAN SUPERMARKETS

倶知安町にあるスーパーマーケットでは、地元北海道産の新鮮な食材を取り扱っております。当ホテルのあるひらふ地区から約10kmほど離れた市街地にある「ラッキー倶知安店」および「マックスバリュ倶知安店」では、新鮮な肉、品揃えの豊富な魚介類、地元のウイスキーやワインなどを幅広く取り揃えております。これらのスーパーマーケット内には、パンコーナーや酒類コーナーなどがあり、旅行中に必要な全てのものをワンストップで買うことができます。なお当ホテルからのおすすめは、店内で販売している焼きたての焼きいもです!

さらに読む

ニセコインターナショナルクリニック

ニセコインターナショナルクリニック(NIC)は、X線撮影装置、超音波診断装置を含む多くの医療機器を備えたクリニックです。予約なしでの受診も可能です。
クリニックでは、大人から子供まで年齢を問わず、幅広い病気や怪我の治療を行っています。スタッフ全員がバイリンガルなので、海外からのお客様の対応も問題なくできます。

さらに読む

ニセコ高橋牧場ミルク工房

1996年にオープンしたニセコ高橋牧場ミルク工房は、今ではシュークリームやチーズタルト、のむヨーグルトなどで有名なスイーツ店となっています。同じ敷地内にて生育している牛のミルクを使用して作ったお菓子は、可能な限り手作りかつ無添加で作られており、ニセコに来た方にはぜひお試しいただきたい名店のひとつです。自然の恵みがたっぷり詰まったスイーツを味わえるミルク工房は東山地区にあり、季節を問わずいつでも楽しめる場所です。

さらに読む

小川原脩記念美術館

小川原脩記念美術館は、当ホテルから車で10分ほど離れた俱知安町内にあります。俱知安生まれで北海道を代表する画家、小川原脩(1911-2002)の作品が数多く展示されており、カラフルな作品群だけではなく、美術館自体のユニークな建築も魅力のひとつとなっています。ニセコの美しい風景に囲まれた美術館と、そこから見える羊蹄山はまさに圧巻です。

さらに読む

GENTEMSTICK NISEKO SHOWROOM

GENTEMSTICKギャラリーは、当ホテルから車で5分程のひらふウエストヴィレッジにございます。ギャラリーには、スノーサーフィンの父とも呼ばれる玉井太朗氏によってデザインされたスノーボードが数多く展示されています。GENTEMSTICKのコンセプトは、「まるで空を飛ぶ鳥や流れに身を委ねる魚達の様に、奥深い大自然に抱かれ、雪と風が織りなす奇跡の地形に同化する最高のボード作り、そして人々に本質を伝え、魂の無い工業製品化されて行くボード、単なるスポーツに落ちぶれて行くスタイルから、魂を救い出しスノーボーディングと言う失われたアートを甦えらせる事」 である。

さらに読む
上に戻る