Skip to main content

チャトリウムは、全フード ハンドラー及びサービス従業員が「サーブセーフフードハンドリングプログラム」に参加しています。

ServSafe

世界が Covid-19 からの復興に向けて動き出す中、チャトリウムはご帰国されるお客様のために一歩先を行くことを目指しています。そのため、「チャトリウムプロミス」では、すべての健康と安全プログラムをさらに強化しています。 
 
チャトリウムでは、「ニューノーマル」の社会的距離のガイドラインを育成するために、すべての業務を進化させてきました。また、国内外の様々な専門企業やパートナーに相談し、すべての物件の新しい安全衛生基準が業界標準を超えています。
 
チャトリウムが 「チャトリウムプロミス」の一環として最近導入したプログラムの 1 つに、全米レストラン協会認定の ServSafe(サーブセーフ)による全く新しい食品取扱プログラムがあります。このコースでは、基本的な食品の安全性、個人の衛生、交差汚染とアレルゲン、時間と温度、クリーニングとサニテーションなど 5 つの主要な要素をカバーしており、スタッフを認定するための評価が行われます。
 
これまでに250名以上のチャトリウムの従業員がこのプログラムに合格しています。当社の目標は、関連するすべてのスタッフが認定を受け、お客様に自信を持ってチャトリウムを選んでいただけるようにすることです。 

上に戻る