Skip to main content

wang-suan-ban-kaeo

ワンスアンバンケオはかつて王室の住居と、ラマ7世の王妃、ラムパイパンニー王妃の執務室として使われていた豊かで美しい風景の庭園です。1949年に建設されたこの建物は、王宮住居、ラムパイパンに-王妃の執務室 だけではなく、動物の飼育や現地の人のために食物を育てるためにもつかわれました。 後期には、王妃はこの場所を未来の教育の普及や発展のために教育省へご寄付されました。そのおかげで今日、ワンスアンバンケオはラジャブハットラムパイパンニー大学の一部として一般の人々に開放されております。 一般開放しており、建物の室内やホール、王妃がこよなく愛した庭園や牧場をご覧いただけます。ラムパイパンニー王妃は生活水準の向上、酪業、健康と教育に力を注ぎました。 広大な野菜畑、果樹園、ニワトリ、アヒルや、カモ、そして100頭余りの牛の管理を監督し、一時は実験的な牧場もご自身で管理されておりました。王妃の心は今も受け継がれております。

41 หมู่ที่ 5 ถนนสุขุมวิท Amphoe Mueang Chanthaburi, Chang Wat Chanthaburi 22000, Thailand 22000 Chang Wat Chanthaburi Thailand

+66 39 319 111

Monday 08:00 - 17:00

Tuesday 08:00 - 17:00

Wednesday 08:00 - 17:00

Thursday 08:00 - 17:00

Friday 08:00 - 17:00

Saturday 08:00 - 17:00

Sunday 08:00 - 17:00

上に戻る