Skip to main content

スワンパッカッド宮殿博物館

スワンパッカッドとはタイ語で、レタスの農園という意味で、文字通り昔レタス農地だった場所に今日の博物館はできました。有名な博物館ではありません。ひっそりとたたずんでおります。 ここに到着すると、かつて王室の住居として使われていた場所も行くことができます。ナコンスワンのチャンボン王女はかつてここに住んでおり、一度は人が住んでいなかったものの、再び改装して今日に至ります。 スワンパッカッド宮殿博物館は一館だけではなく、タイの伝統的な建築に基づいた8つの木の家も博物館に含まれております。この建物のいくつかは遺産として、一度忘れられた名残として保存されております。アンティーク家具、古い美術品や手の行き届いたお庭が楽しめます。漆の塗りのパビリオンの壁にはラマヤナの壁画が、一方前方には仏さまがご覧いただけます。庭周辺にはアヒルやカモも遊びに来ています。 アクセス 車 9.5キロ(21分) 徒歩7.4キロ(1時間34分) 入場料 大人100B

Sri Ayudhaya 8 10400 Krung Thep Maha Nakhon Thailand

Monday 09:00am to 04:00pm

Tuesday 09:00am to 04:00pm

Wednesday 09:00am to 04:00pm

Thursday 09:00am to 04:00pm

Friday 09:00am to 04:00pm

Saturday 09:00am to 04:00pm

Sunday 09:00am to 04:00pm

トップへ戻る