Skip to main content

黄金の丘 ワットサケット 

タイで最も美しいお寺、黄金の丘、ワットサケットです。アユタヤ時代の繁栄期にこのお寺は立てられました。 黄金の丘のお話は17世紀後半から18世紀前半までさかのぼります。ラマ3世は仏塔をお建てになると決められました。しかしながら不運にも、地盤が柔らかいために、上の建築物の基盤が定まらないことで、希望はかないませんでした。何年も後に、建築場に残された泥と、レンガに草が生え丘へと変身していったのです。 そのあとの王、ラマ4はその小高い丘にもっと規模の小さな仏塔を建てられそれが今日のきらめく金色のワットサケットとなったのです。仏塔は王様の息子により、完成いたしました。仏像はスリランカよりこのお寺に納めるために持ち込まれました。 ワットサケットでは毎年11月に有名なお祭りが開催されます。その期間にバンコクにいるのであれば特に訪れることをお勧めします。ろうそくの火がともされる光景をお見逃しなく。 アクセス 車 8.3キロ (19分) 徒歩5.6キロ (1時間10分) 入場料 無料

Sirakese Temple, Khwaeng Ban Bat, Khet Pom Prap Sattru Phai, Krung Thep Maha Nakhon 10100, Thailand 10100 Krung Thep Maha Nakhon Thailand

Monday 08:00am to 05:00pm

Tuesday 08:00am to 05:00pm

Wednesday 08:00am to 05:00pm

Thursday 08:00am to 05:00pm

Friday 08:00am to 05:00pm

Saturday 08:00am to 05:00pm

Sunday 08:00am to 05:00pm

トップへ戻る