Skip to main content

ワットチャナダラム ウォラビハラ(ロハプラサット)

ワットチャナダラムの敷地内にそびえたつ、ロハプラサートは金属の塔としても知られております。ラマⅢ王の元1846年に建てられたこの塔はスリランカとインドのお寺をもとにしたといわれておます。 ロハプラサートは高さ36メートル、37の啓発を促す美徳をシンボルに造られた37の尖塔を備えております。最上階にはお釈迦様の遺物です。ロハプラサートは今日では、いくつもの階を持つ真四角の構造をもったたった一つのお寺です。ロハプラサートという言葉はインドに起源をもち、真四角の構造基礎にいくつもの上層階のある区域という意味です。過去に3つ建てられた記録がありますが、今ではここバンコクにあるこの場所だけが残っております。 少ない入場料で、この素晴らしい建築物を探検することができます。改装を行ったこのお寺は魅力的な通路を作り出す柱の間を歩くとその歴史を感じることができます。 静けさに包まれたロハプラサートは、ユネスコの世界遺産登録を目指しております。名前こそはあまり知られておりませんが、バンコクの最も目を見張る建築物の一つとして地位を得ております アクセス 車 9キロ (22分) 徒歩7キロ (1時間16分) 入場料 20B

2 Maha Chai Road 10200 Krung Thep Maha Nakhon Thailand

Monday 08:00am to 05:00pm

Tuesday 08:00am to 05:00pm

Wednesday 08:00am to 05:00pm

Thursday 08:00am to 05:00pm

Friday 08:00am to 05:00pm

Saturday 08:00am to 05:00pm

Sunday 08:00am to 05:00pm

トップへ戻る