Skip to main content

ワットスタット

ワットスタットは、ラタナコーシン王立地区に位置し、伝統的な装飾が施された抜本的な屋根、手作業で彫られたチーク材のドアパネル、入り口には高さのある赤いブランコを備えた印象的な外観を持っています。

この魅力的な礼拝所は、市内で最も古く、傑出した寺院の1つとされています。入り口に見られる大きな赤いブランコですぐにわかるこの寺院には、独特の屋根のある美しい礼拝堂もあります。

バンコクで最もグレードの高い王宮の1つであるワットスタットは、非常に壮大で印象的な場所です。

内部には、仏の生涯にジャタカの物語を描いた壁画があり、スコータイ時代から残っているタイ最大の仏の銅像がここに展示されています。

ワットスタットのジャイアントスイングは、最も象徴的な特徴です。 21メートル以上の高さに達する2つの赤い柱と装飾的なクロスバーがあります。今日立っているブランコは2004年に立てられ、1784年に遡るオリジナルに置き換わりました。このブランコは、このサイトのメインの1つであり、寺院で最も写真に撮られた部分の1つでもあります。

Kham Khaen, Mancha Khiri District, Khon Kaen 40160, Thailand 40160 Kham Khaen Thailand

上に戻る