Skip to main content

ミャンマーの美の秘訣、タナカ

ミャンマーの女性たちは、何世代にもわたって大切にされてきたユニークで伝統的な黄白色のメイクアップ、タナカを愛用しています。化粧品としての美しさだけではなく、タナカは冷却感を与え、ニキビを治療し、肌を滑らかにし、日焼け止め、防腐剤、抗真菌軟膏、化粧水としての効果があると信じられており、2000年以上前からその伝統が受け継がれています。

ミャンマー女性の美しさの秘密を知るために、タナカをご自身で試してみてください。

ロビーにて無料でご利用いただけます。

ミャンマーの伝統的なタナカの使い方

筒状のタナカ材の両端を両手で掴んで持ちます。Kyaukpyin(キャウクピン)は、円形の水切りのある岩板で、まず水で濡らします。その後、しっかりと握った状態で、円を描くように木をこすり、クリーム色の黄色のペーストを作ります。時々少量の水を振りかけることで、ペーストが柔らかく水っぽくなります。指で顔に軽くこすりつけるようにして、滑らかでムラのないペーストを作ります。濡れたタナカを5~15分ほど顔にのせて乾燥させます。その後、マイルドな香りの明るい黄色がかった顔になります。

上に戻る