Skip to main content

ヤンゴン・セントラル・レイルウェイ・ステーション

ヤンゴン中央鉄道駅を訪れることで、市内で最も有名な遺産の1つを体験しながら、国内最大の鉄道ハブの中に足を踏み入れることができます。

この駅は、1800年代後半にイギリス人によって、ヤンゴンとパイェイを結ぶ国内初の鉄道路線をサポートするために建設されました。駅のデザインは、イギリスで有名だったビクトリア朝様式を忠実に再現しており、地元の人々を魅了し、「妖精の駅」と呼ばれるほどでした。

残念なことに、これは駅の最初の化身であり、日本の爆撃機の手で大きな損害を受けた後、イギリスがインドに退却する際に駅は破壊されました。1954年、ビルマの伝統的な建築様式に基づいた全く新しいデザインの新駅が建設されました。この構造物はヤンゴン市の遺産に登録されています。

ヤンゴン中央駅は、その構造の美しさと重要性から、ミャンマーで最も人気のある写真撮影スポットの1つとなり、有名な観光地となっています。多くの人がこの駅を訪れた後、ヤンゴンを一周することを選択しています。

Kun Chan Road Yangon Myanmar (Burma)

上に戻る